ペットと人のハッピーライフを
出会いからエンディングまで
獣医師
動物医療 グリーフ ケア アドバイサー
阿部美奈子先生の合同会社Always




左から→阿部先生の愛犬リズムのお誕生日/まろちゃんと/阿部先生の愛猫のリンちゃん

動物医療グリーフケア勉強会をマレーシアで開催致しました!

第1回動物医療グリーフケアフォーラム in マレーシア

詳しいレポートは、フォーラム専用ページにてご確認下さい >> フォーラム記事一覧へ

動物医療グリーフケア in マレーシア 開催レポートはこちら >> レポートページへ

NJK1月号に動物医療グリーフケア in マレーシア の記事が掲載 >> 掲載記事のご紹介

マレーシア地元情報誌「南国新聞」阿部美奈子先生インタビュー >> 掲載記事のご紹介

《第2回動物医療グリーフケアフォーラムin京都》

動物医療グリーフケアにどっぷり浸かる2日間!
阿部美奈子先生の講演、症例検討、グループワークと濃い内容になっています。もちろん懇親会もお楽しみに。詳しくはこちら>>案内ページ

1日目 
2019年10月19日(土)
開催時間
13:00〜17:00
懇親会
17:30〜19:30
2日目
20日(日)
開催時間
10:00〜16:00
場所
京都ハートンホテル

>>お申込はこちらへ<<

2019.05.20.
LinkIcon合同会社Alwaysとしてスタートします。
阿部美奈子先生のgriefcare.netは昨年で10周年を迎えました。
今年、2019年は令和元年となる節目の年でもあり、当サイトも11年目。
その記念すべき年に当griefcare.netは、阿部美奈子先生が新しく5月7日に立ち上げられたペットライフのトータルコンサルタント会社『合同会社Always』として運営していく運びとなりました。
これからも、ペットと人のハッピーライフを出会いからエンディングまでサポートして参ります。
詳しくはまた、今後、記事にてご紹介させて頂きます。
2019.05.16.
LinkIcon2019年6月の阿部美奈子先生 帰国スケジュールを変更しました。
2019.05.12.
LinkIcon第1回飼い主さん対象 動物医療グリーフケア フォーラムin京都のご案内
LinkIconゆえん動物行動コンサルタント主催 動物医療グリーフケアセミナーのご案内
LinkIcon2019年5月の阿部美奈子先生 帰国スケジュールを変更しました。
2019.03.17.
LinkIcon第2回動物医療グリーフケア フォーラムin京都のご案内
2019.03.06.
2019年4月の阿部美奈子先生 帰国スケジュールを変更しました。
2019.01.31.
2019年1月の帰国スケジュール急遽変更に対するお詫び
2019.01.18.
LinkIcon阿部美奈子先生のグリーフケアFacebook公式ページをスタートしました!
2019.01.08
2019年3月の阿部美奈子先生 帰国スケジュールをアップしました。
2019年2月の阿部美奈子先生 帰国スケジュールをアップしました。
2019年1月の阿部美奈子先生 帰国スケジュールをアップしました。
2019.01.01.
LinkIcon新年のごあいさつ
2018.12.26.
第1回動物医療グリーフケアフォーラムinマレーシア レポート
NJK1月号に動物医療グリーフケアフォーラムinマレーシア 開催記事が掲載されます
マレーシア地元情報誌に阿部美奈子先生インタビュー記事が掲載されました


過去の更新履歴はこちらLinkIcon


執筆書籍のご紹介
日本初の阿部美奈子先生著の動物医療グリーフケア テキスト本や、インターズーから出版されました「Dermatology 11月号」に、動物医療グリーフケアの視点から考えるコミュニケーションを掲載等、執筆書籍のご紹介。

 

執筆書籍のご紹介
7月15日 学研ムックから発売の「らくらく年金暮らし」という
シニア向けのマガジンに執筆いたしました。
7月29日 幻冬舎から発売の『愛犬が「僧帽弁閉鎖不全症」と診断されたら読む本』
上地正美著に、「ペットも人も幸せにする動物医療」というテーマで、動物医療グリーフケアの視点から執筆させていただきました。

《皆さまへのお詫び》2019.01.31.

1月21~31日の帰国スケジュールを急遽延期させていただきました。
お知らせが遅くなり申し訳ありません。
1月10日に我が家の愛猫フラットが急性腎不全となり、回復を願いながらフラットのそばにいることを決意し、1月21日の帰国を見合わせ、1月のスケジュールはすべて延期させていただきました。
大変ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。

>>こちらへ詳細を掲載させて頂きます:謝罪文リンク<<


ターミナル期のグリーフケアを通して伝えたいこと。

(ターミナル期~治らない病気。老齢。死が避けられない状態。最期を迎える時)
動物病院にて出会いました飼い主様との面談を通して、心を調整し、
日常に笑顔を取り戻していただきました。

「死」にばかり焦点を当てることで、ターミナル期には多くの飼い主様が抱える
不安や恐怖を必要以上に大きく抱えこんでいらっしゃるケースが多く存在しました。


愛するペットを失うかもしれないという現実から発生するグリーフ、
そしてもう1つの要因は、病気の治療をどこまで積極的にしていくことが正しいのかがわからず
出口のない世界に孤立している状況がありました。

「この子がしゃべってくれたら・・・」
「言葉を話さないからわからなくて・・・」
このような言葉を多く聞きました。

今受けている治療で、我がペットが喜んでいるのかどうか、苦しめているのではないか、
1日でも1時間でも一緒にいたい、長く生きていてほしい、けれども・・・
迷いや焦り、後悔、自責や罪悪感などを1人で抱え込み疲労感だけが重なっていきます。
そして一緒にいるペットはその様子をじっとじっと見つめています。

「人と暮らす動物でありますペットは、人の心の空気を感じて生きています。」

私たち人と暮らすペットの幸せは大好きな人の今までと変わらない笑顔です。
「日常」の暮らしなのです。

ペットとのお別れまでの残された時間、この大切な寿命に1分でも長く1回でも多く、
どんな病気であっても、どんな治療を受けていても、
彼らは人のそばで最期まで安全に生き抜くことができるでしょう。

飼い主様のお気持ちを傾聴する間、私をじっと見るペットたち。
彼らは言葉ではない形でまっすぐにメッセージを送ってきているように感じます。


私のカウンセリングでは彼らが示す表情から感じたままを飼い主様にお伝えします。


「先生はアニマルコミュニケーターなのでは?」と、多くの飼い主様に聞かれましたが、
私は自分がそうなのか、アニマルコミュニケーターとは特別な能力であるのか、
正直なところわかりません。

私は自分の気持ちや価値観を一時的に封印し、
ペットの目の中に入るような感覚で彼らの目になって、
世界を見よう、心を感じてみようと試みます、
おそらく多くの飼い主様が彼らのメッセージを感じていらっしゃるのではないでしょうか。

飼い主も医療者もペットに関わる全ての「人」が、
動物にとっての「安全感」がどれほど生きていくために重要であり、
大事にしていかなくてはならないことなのかを再認識しましょう。

全ての人が協力し、愛すべきペットの病気に向き合っていけるような環境が整うことを
心から願います。

獣医療・動物医療 グリーフケア ペットロス アドバイザー 阿部美奈子

★阿部美奈子先生マレーシア滞在中連絡先

転居先
Subang Jaya, Malaysia
Eメール
TEL
※通信料はご負担下さい。
minako-abe(国際通話料無料)
上記は阿部先生のスカイプアカウントです。
ご利用の際は事前にメールにてお時間をお知らせください。
帰国時連絡先

ペットライフのトータルコンサルタント 合同会社Always

〜ペットと人のハッピーライフを出会いからエンディングまでサポート〜

代表社員
阿部美奈子
住所
鎌倉市梶原3-13-5
主な業務
待合室診療カウンセリング
人材育成/動物病院経営コンサルティング
各種セミナー・講演会開催
オンライン講座、通信講座企画、
運営執筆活動など


阿部美奈子先生のグリーフケア公式Facebook



下記募集は、皆さまのおかげで成功致しました。

たくさんの署名、ありがとうございました!

◎皆様の署名をお願いいたします。

熊本の被災状況から学んだことを将来に繋げたい。突然の震災で大切な日常を失った人とペット。
最大のグリーフを体験しているときこそ、一緒にいなくてはならないのです。
別々に生きることはさらなるグリーフとなり、深刻な傷となるでしょう。絶対に離れてはなりません。
そばにいることこそ、お互いの最高のグリーフケアになるのですから。
被災された方々の30パーセントがペットを飼っていらっしゃると伺いました。
被災者の30パーセントの人びとのグリーフケアをペットが担うとしたら、なんと大きな力でしょうか。
一人でも多くの方々のご賛同をいだだけますよう、どうぞよろしくお願いいたします。
国会に提出するため「災害時のペット同伴避難所の開設を!⇐《署名は提出致しました》」の署名おねがいします!
(クリック)