ペットと人のハッピーライフを 出会いからエンディングまで
獣医師・ 動物医療 グリーフ ケア アドバイサー
阿部美奈子先生の合同会社Always

  

 
84522793_3285072514854177_8640937040877191168_n.jpg 86295960_3285072828187479_6033626398801788928_n.jpg 105518413_3624537917574300_8091291748334553757_o.jpg 105643877_3633666753328083_6185427008840850741_o.png 104461947_3618452964849462_687651384623055615_o.jpg 104560648_3607916919236400_4349454153023865398_o.jpg 104467247_3621651171196308_3405555108074707603_o.jpg 104277330_3607916729236419_4993357061293268254_o.jpg 104070614_3593256457369113_913053470083238105_o.jpg 103708890_3601323789895713_452048214530087750_o.png 99364396_3537416502953109_623659363394912256_o.jpg 83386699_3593256650702427_7111209991037298297_o.jpg 98272829_3537415822953177_4588913899960532992_o.jpg

再販全国の獣医師が推薦!

著者:阿部美奈⼦先生(獣医師・動物医療グリーフケアアドバイサー)

絵:リサ・ラーソン(陶芸家)

飼い主と愛⽝をハッピーエンディングに導く
「動物医療グリーフケア」に基づいた書籍
『⽝と私の交換⽇記』復刊

「犬と私の交換日記」の復刊。
リサラーソン氏とのコラビレーション再び。
個性的な犬のイラストが登場。
50の質問に答えながら読み進めていくと、自然に愛犬や自分自身、家族へのグリーフケアが見えてくる一冊です。
発行:株式会社EDITORS
発売:株式会社二見書房
イラスト:リサラーソン
価格:1,320円
発売日:4月25日発売! 
愛犬への愛情を届ける内容はそのままに、より文字が読みやすくなるよう 文字サイズを調整し、レイアウトも工夫。 待合室診療については加筆いたしました。

購入はAmazonにて。
2022.3.7.

【参加者募集中】

▶現在、下記の3つのコース/セミナー参加者を受付中です。

※詳しくはバナーをクリックし、詳細ページへお進み下さい。

 

1)Peppy主催第4期動物医療グリーフケアベーシックコース

 

2)Peppy主催第2期動物医療グリーフケアアドバンスコース

 

3)クマ研主催愛猫のグリーフケアセミナー

2021.08.22.

「動物医療グリーフケア」が8月17日正式に認可されました!

>>詳しくはCLICK!!

【PICK UP】

ついにペットの終活アドバイザー資格取得講座登場!

>>詳しくはこちらから<<

執筆書籍のご紹介

※紹介している本はリンク先になります。広告を非表示に設定されている方は広告表示をオンにすると表示されます。

 

認定動物看護師教育コアカリキュラム2019 準拠 臨床動物看護学1<動物医療コミュニケーション>阿部美奈子先生執筆監修

 

上地正美著の本書に、「ペットも人も幸せにする動物医療」というテーマで、動物医療グリーフケアの視点から執筆させていただきました。

◎新着情報はこちらもチェック!
阿部美奈子先生の公式SNS & blog

【公式Facebook】


【公式Twitter】


【公式Instagram】


【公式ブログ】

マレーシアより 異文化体験を通して新たな気付きや、ペットライフで感じることなど、グリーフケアを絡めながら発信中。

下記募集は、皆さまのおかげで成功致しました。

たくさんの署名、ありがとうございました!
熊本の被災状況から学んだことを将来に繋げたい。突然の震災で大切な日常を失った人とペット。
最大のグリーフを体験しているときこそ、一緒にいなくてはならないのです。
別々に生きることはさらなるグリーフとなり、深刻な傷となるでしょう。絶対に離れてはなりません。
そばにいることこそ、お互いの最高のグリーフケアになるのですから。
被災された方々の30パーセントがペットを飼っていらっしゃると伺いました。
被災者の30パーセントの人びとのグリーフケアをペットが担うとしたら、なんと大きな力でしょうか。
一人でも多くの方々のご賛同をいだだけますよう、どうぞよろしくお願いいたします。
国会に提出するため「災害時のペット同伴避難所の開設を!⇐《署名は提出致しました》」の署名おねがいします!(クリック)