獣医師・動物医療 グリーフ ケア アドバイサー 阿部美奈子先生のペットロス・ペットライフ・サポート




HOME > カウンセリング/セミナー > 2009年度セミナー講演活動報告

山梨動物看護師勉強会6周年記念大会のご案内

ペットオーナーの気持ちを理解して会話するテクニック

講義① 13:00~14:50

【講師】
永谷しのぶ先生(心理カウンセラー)
田中理咲先生(接遇インストラクター)

現代の動物医療に求められるグリーフケア
~ペットも人も幸せにつなげるホームドクターを目指して~

講義① 15:00~17:00

【講師】
阿部美奈子先生(獣医師・グリーフケアアドバイザー)

会場:KKR甲府ニュー芙蓉 アメジスト


■プログラム概要

ターミナル期~ペットロスにおける飼い主さんへのサポート

現代、動物医療も進歩し様々な病気の治療が可能となってきました。
早期発見、早期治療などにより延命も期待できます。そのような大きな喜びを感じる一方で、寿命が長くなることにより向き合わなければならない、さまざまな問題も出てきます。この講座では

上記の3つの“C”を柱に、「動物も人も幸せにする獣医療」を目指して、大学や専門学校では教えることのない飼い主様の心の悲しみや不安を和らげる方法をお伝えいたします。

入門【講座1】グリーフケア講座

実施日:2010年 1月28日(木) 19:00~21:00

グリーフとはさまざまな「悲嘆」を意味します。
愛するペットがいつもと違う表情を見せた時、言葉を話さない彼らを見て、飼い主様はただただ不安を感じます。多くの飼い主様は、その「悲嘆」を1人で抱えて、どうしてよいのか戸惑い、その形や大きさは違っていても、不安や恐怖と闘いながら苦悩の日々を送っています。
飼い主様が持っている、それら内側の悲しみや苦しみの感情を吐き出せる環境を作るために、医療従事者が出来ることは何でしょうか。
この講座では、様々な「悲嘆」で苦悩する飼い主様の心をサポートする方法を具体的にお伝えします。

応用【講座2】ターミナル講座

実施日:2010年 2月18日(木) 19:00~21:00

ペットの長寿化により、完治が難しい癌など重い病気になったり、目が見えない、歩行が困難、自力で食べられない・・など老化現象や、認知症を患い介護が必要となる場合が増えてきました。
ペットが治る見込みのない病気の末期で、大きな苦痛を伴う場合には、安楽死の決断を迫られ苦しみ悩むかもしれません。
「最愛のペットの最期をどのように看取るか」「どのようなお別れにしたいか」
飼い主様の心の声に耳を傾け、一緒にその大切な命に向き合い、個々の家族のスタイルに合った「良い看取り」に導いていくために、獣医従事者しかできないことをお伝えします。

応用【講座3】インフォームド・コンセント講座

実施日:2010年 3月18日(木) 19:00~21:00

・日頃、飼い主様にどのように言葉をかけて良いか分からない・・
・自分では気づかず飼い主様を不快にしてしまった・・
・内容を正しく伝えたつもりが伝わっていなかった・・
・誤解されて受け止められていた・・
・悲しい場面ではどうしてよいかわからない・・など
こんな思いをされたことはありませんか?
飼い主様心理について学び、正しいコミュニケーションスキルを身につけることで、飼い主様からの受け取られ方は大きく変わってきます。

会場/アリミノビル地下1階(東京高田馬場駅徒歩7分)

費用/ 1講座 5,000円/名(税・教材費込)
講師■阿部 美奈子
   獣医師 グリーフケアアドバイザー

1988年麻布大学大学院修士課程終了。
麻布大学付属病院研修医、動物病院勤務等を経て、06 年動物病院、専門学校にてグリーフセミナー開始。08 年より動物病院に来院の多くの飼い主様が持つ、不安・苦悩・悲しみ・いらだち・不満・困惑など、様々な「悲嘆(グリーフ)」の感情に耳を傾けながらあらゆる気持ちを受け止め、大切なペットにとって、また、飼い主様にとって最善の方法を一緒に考えるアドバイザーという仕事を手がける。

お申し込み

↓下記の用紙をご利用下さい。
(クリックすると拡大されますのでコピーしてお使い下さい)



HAAC主催ペットをめぐる問題についての意見交換会 第2弾

ターミナル期~ペットロスにおける飼い主さんへのサポート

パネリストに獣医師、ペットシッター、ターミナルケアリスト、飼い主さんをお招きします。
闘病中あるいは介護期のペットを抱える飼い主には、どのようなサポートが必要とされているか、また、愛するペットを亡くした飼い主には、どのようなケアが望まれているかなど、意見交換を行い、連携を含めたサポート体制を模索します。

パネリスト

* 渡邉 忠先生 (獣医師 サムペットクリニック院長)
* 阿部美奈子先生(獣医師 グリーフケアアドバイザー)
* 山口照代氏  (ペットシッター ペットシッター留守番わんにゃん取締役)
* 稲本有香氏  (HAACメンバー ターミナルケアリスト グリーフ・カウンセラー) 他

日時/2010年2月11日(木)祝日 12:30~17:30


開場/12:00

  ※意見交換会終了後19:00まで 懇親会を予定しております。

会場/北沢タウンホール 3階 ミーティングルーム

  下北沢駅南口より徒歩4分→【地図はこちらから】

参加費/事前振込み:3,000円  当日支払い:4,000円

  ※振込先はお申し込み後、ご連絡致します。
  ※懇親会参加の方は、500円の追加となります。

定員/50名

  ※12月1日より受付開始します
  ※2月5日〆切ですが、定員に達し次第受付を終了させていただきます。

お申し込み/こちらのフォームよりお申込お願いいたします。

  ※上記をクリックすると、お申し込みフォームが表示されます。
   必要事項をご記入の上、お申し込み下さい。
  ※お申込後3日たってもHAACからの連絡が無い場合は恐れ入りますが、ご連絡ください

主催/HAAC (Human And Animal Community)

東京都世田谷区代田4-10-24フロント新代田102     
TEL 03-6379-1490  FAX 03-6379-1492
URL http://haac.good.cx/
Human And Animal Community (HAAC: ハーク)


第4回「飼い主講座」のお知らせ〜ときわだいらvetグリーフケア講座

今回はグリーフケアアドバイザーとしてご活躍され、獣医師でもある阿部美奈子先生をお招きして飼い主さんのためのグリーフケア講座を行います。

『グリーフ』とは、『悲嘆』と訳され、自分が大切にしているものを失ったときに現れる感情です。ペットとの最後のお別れだけでなく、ペットの様子がいつもと違うとき、老齢になり今までできていたことができなくなったときなど、日頃健康を喪失したときに感じている気持ちもグリーフなのです。それは特別なことではなく、全ての飼い主さんが抱える感情です。当院では飼い主さんのお力に少しでもなりたいという思いから、グリーフケア講座を開催することに致しました。
阿部先生のお話では、お別れはつらいけれど、大事なことはそのお別れを考えるよりも、お別れまでの時間をどのように生き生きと過ごすことができるのかだということです。ペットとの暮らしの中で、愛するわが子とのお別れは必ず訪れます。今回のお話は、飼い主様皆様に聞いていただきたい内容です。ぜひご参加ください。
(今回の講座の詳しい内容については、後日お知らせいたしますのでもうしばらくお待ちください。)

講師:阿部美奈子先生のご紹介
            獣医師/動物医療グリーフケアアドバイザー
            麻布大学大学院修士課程終了
            麻布大学付属動物病院研修医、動物病院勤務を経て、
現在は複数の動物病院にグリーフケアアドバイザーとして勤務

日時  :2009年11月16日(月) 13:30~15:30
受付開始:13:15

※13:00まで通常診察時間となります。
ご迷惑おかけすることもあるかと存じますが何卒ご了承ください。

今回は飼い主さんのみの講座になります。ペットをお連れいただくことはできません。
11月8日までにお申し込みください。定員になり次第締め切らせていただきます。

場所  :ときわだいら動物病院
電話  :047-385-1020

※画像をコピーしてご利用いただけます。

お手数ですが、必要事項をご記入いただき、受付までお持ちください。
また電話(047―385―1020)でも受け付けております。

申込期日:11月8日

ご不明な点がございましたら受付、またはしつけ教室スタッフ(野口・池田・鳥養)までお問い合わせください。


第三回「飼い主様満足度向上シンポジウム」のお知らせ


飼い主様の声は、自院の現状を映し出す鏡です。飼い主様の声をどう活かしていくか、他の病院様との交流を深めながら、さらに貴院の強みを磨いていただくためのシンポジウムを開催いたしますので、ぜひご参加ください。

1.日時
2009年10月28日(水) 13:00開場 13:30開会 17:45終了予定
2.会場
アリミノビル地下1階ホール(東京都新宿区、高田馬場駅より徒歩5分)
3.会費
学生 ¥2,000- / 1名
一般 ¥6,800- / 1名

第1部 セミナー 13:30〜16:15

動物病院経営へのヒント(1)

人の医療機関から学ぶ「医療は究極のサービス業」(60分)
 小川 卓 / 医療法人財団献心会 川越胃腸病院 総務部長

医療機関として初の「消費者志向優良企業・通産大臣賞」を受賞した川越胃腸病院。ひと満足を基点とした病院運営により、小規模病院の理想モデルと評されています。たった二人でスタートした「医療サービス対応事務局(経産大臣賞)」での試行錯誤をはじめ、患者・職員・病院・地域の循環的満足を追求する工夫と実践についてお話いただきます。

講師・プロフィール
【小川 卓 / 医療法人財団献心会 川越胃腸病院 総務部長】

9才から22才まで愛犬(柴犬♂ゴン)と幸せな時間を共有する。
88年 立教大学経済学部卒業。埼玉銀行(現埼玉りそな銀行)に入行。
91年 川越胃腸病院に入職。
92年 医療サービス対応事務局設立。
98年 病院として初の消費者志向優良企業通産大臣賞受賞。
04年 部門として消費者志向優良グループ経産大臣賞受賞。
    同年日本大学大学院博士前期課程修了(人間科学修士)。
08年 ハイ・サービス日本300選。
09年 埼玉県経営品質県知事賞受賞。
    経済産業大臣事業認定消費生活アドバイザー/生涯学習開発財団認定コーチ。

動物病院経営へのヒント(2)

飼い主様の声から学ぶ「過去3回の飼い主様満足度調査を振り返る」(30分)
 寺内真紀 / アニコム パフェ株式会社

おかげさまで第3回を迎えたアニコム パフェ主催「飼い主様満足度調査」。
集まった飼い主様のお声は、延べ23,688件にも上ります。
「大切な人に当院を安心して紹介できますか?」
この総合満足度を上げるために重要な項目は何なのか。フリーアンサーに潜む飼い主様の本音を共有させていただきます。

動物病院経営へのヒント(3)

他の動物病院から学ぶ「動物病院育て奮闘記〜待合室から見ていこう〜」(30分)
 阿部美奈子 / グリーフケアアドバイザー

飼い主様の目線で動物病院における過ごし方を考えてみると、診療室と同様に待合室にいる時間に気づくことや感じることも多いようです。その待合室で、飼い主さまの心のケアに重点をおいたグリーフケアアドバイザーとして待合室診療を行っている獣医師が、待合室だからこそ聴ける飼い主さまの本音とその活用方法について、事例をご報告させていただきます。

第2部 セミナー 16:30〜17:45

体験型ワーク「クレームを感謝にかえる技」

 児玉幸子 / 株式会社サクセスアライアンス 代表取締役
 中村友妃子 / 有限会社カスタマーケアプラン 代表取締役

ご要望にお応えし、動物病院向け「クレーム対応講座」をご提供させていただくことになりました。その一部を、ここで披露させていただきます。クレームと上手く付き合い、感謝に変える技を体験型で学んでいただきます。

※多くのご参加ありがとうございました。


第6回 HAAC & Cross*Clover 勉強会のご案内

テーマ「動物医療におけるグリーフケア」


第5回 HAAC & Cross*Clover 勉強会のご案内

テーマ「動物病院の待合室診療の現場から」


【動物看護師対象】
第1回コミュニケーションスキルアップセミナー

「飼い主コミュニケーション~臨床現場でVTに求められていること。」

前期
第1・3水曜日コース 21年7月1日から9月まで全6回 13:30~15:30
第2・4木曜日コース 21年7月8日から9月まで全6回 13:30~15:30
募集
各コース 動物看護師 定員15名(先着順)
受講料
1回3000円×6回(全18000円)テキスト代込
内容
① 飼い主コミュニケーションとは
~非言語的コミュニケーションの重要性。
② さまざまな飼い主心理への理解
~愛着と対象喪失。
③ ペットロスへの正しい理解
~悲嘆のプロセスと飼い主の反応。
④ コミュニケーションスキルトレーニング
~病院で有効なコミュニケーション技術。
⑤ 電話対応
~飼い主の悲しみ、怒り、不安などさまざまな感情への対処。
⑥ ターミナルケア
~終末期での正しい飼い主支援と良い看取り。

*上記の他、実際抱えている飼い主対応での悩み、疑問など問題点にアドバイスいたします。

会場
自宅セミナールーム
申込
当HP内メールフォームにてお願いいたします。

*お問い合わせもお気軽にどうぞ。