獣医師・動物医療 グリーフ ケア アドバイサー 阿部美奈子先生のペットロス・ペットライフ・サポート




HOME > グリーフケアとは

グリーフケアはあなたの不安をサポートします

良い看取りとは

飼い主様への支援を第一に

現代動物医療も進歩し様々な病気の治療が可能となってきました。
早期発見、早期治療などにより延命も期待できます。

そのような大きな喜びを感じる一方で、寿命が長くなることにより向き合わなければならない、さまざまな問題も出てきます。

完治が難しい癌など重い病気になったり、また、目が見えない、歩行が困難、自力で食べられない・・など老化現象や、認知症を患い介護が必要となる場合も少なくありません。

また、ペットが治る見込みのない病気の末期で、大きな苦痛を伴う場合には、安楽死の決断を迫られ苦しみ悩むかもしれません。

「最愛のペットの最期をどのように看取るか」
「どのようなお別れにしたいか」

それはそれぞれ家族で価値観が違います。
それぞれの家族が一番大事にしたいことはどのようなことなのか・・
飼い主様の心の声に耳を傾け、一緒にその大切な命に向き合い、個々の家族のスタイルに合った「良い看取り」に導いていきたいと考えています。

関連講演のご案内へLinkIcon

国内動物医療での新分野「グリーフケア」

飼い主様のためのグリーフケアアドバイス

アメリカでは早くから注目されている分野。カウンセリングなどさまざまな角度から飼い主支援としてグリーフケアを行っています。

Griefとはさまざまな「悲嘆」を意味します。

強く愛すればこそ深い悲しみを体験します。
愛するペットがいつもと違う表情を見せた時・・・
言葉を話さない彼らを見て、ただただ不安を感じます。
また、愛するペットが予期せぬ病気を宣告されたり、治る見込みがないと告げられたら、どれほど大きなショックを受けるでしょう。

多くの飼い主様は、その「悲嘆」を1人で抱えて、どうしてよいのか戸惑い、その形や大きさは違っていても、不安や恐怖と闘いながら苦悩の日々を送られています。

飼い主様が持っている、内側の悲しみや苦しみの感情を吐き出せる環境を作り、その心を受け止めることで、大きな支えになりたいのです。

愛するペットに最良の治療を施すためには、飼い主様の心のケアが必要です。飼い主様の心理状態を理解しようと努力し対応することは、獣医師にとってもコミュニケーションの不具合を軽減し、大きな信頼関係にもつながります。

これからは「動物を診る動物医療」から「絆」中心の医療へ変化し、「動物も人も幸せにする動物医療」が求められていくでしょう。

私はさまざまな「悲嘆」で苦悩する、飼い主様の心を全力でサポートしていきたいと思っています。

関連講座レポートへLinkIcon